牌鬼師

牌鬼師(ザ・パイオニア)


 作画    鳴島生  
掲載誌 週刊漫画サンデー?73年4月7日号~連載
話数 全9話

あらすじ

雀キチの祖母を持つ受験生・北山清一は、麻雀の夢でうなされる日々が続いていた。そんなある日、偶然出会った元大陸浪人の雀豪・東田徹が、幼い頃に死んだという父・純一のことを知っていると知った清一は、東田に弟子入りして「牌鬼師」への道を目指すことになる。

単行本

レーベル名 出版社 判型 巻数 奥付
(レーベル名なし) 朝日ソノラマ? B6 全2巻 1・2巻共に1974年4月15日初版
(レーベル不明) オハヨー出版 B5(雑誌形式の総集編) 全1巻(「この腕売ります」と同時収録) 1978年

備考

  • 雑誌掲載時は「配牌・小島武夫 理牌・白鷺卓? 聴牌・鳴島生」とクレジットされていた。
  • 連載時は「『この腕売ります』第二弾」とキャッチが打たれていた。