九蓮宝燈殺人事件

九蓮宝燈殺人事件


 作画    青山広美  
掲載誌 近代麻雀オリジナル?
話数 全9話

あらすじ

和了した者に死を招くという、幻の役満・九蓮宝燈――。
彼女がその手牌を手にした時、悲劇は起こった…。
殺人の犯人は? そしてトリックは?
全ての謎が説き明かされる時、神の鈴の音が鳴り響く!(単行本表2より)

収録作

「九蓮宝燈殺人事件」
「大三元殺人事件」
「大四喜殺人事件」
「国士無双殺人事件」
「番外編 能面警部殺人事件」(描き下ろし)

単行本

レーベル名 出版社 版型 巻数 奥付 Amazon
近代麻雀コミックス 竹書房 B6 全1巻 1997年6月17日初版 九蓮宝燈殺人事件 (近代麻雀コミックス)

備考

描き下ろし以外の4編はいずれも「事件編」「解決編」に分かれているので4×2+1で全9話となる。


添付ファイル