セーカー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

掲載日1998.7.25~


夢だけが救いだった。

主人公の高校生僕?の一人称で語られる。
夢を見ることが好きな僕は、現実の生活に飽き、夢の世界こそが自分の居場所と思うようになった。

夢には最強の殺人鬼セーカーという存在が現れることがあり、
思い通りの夢の世界で楽しむ僕を引き摺り降ろし、殺しに追ってくる。
その存在は僕が年を重ねるごとに力を増していくようだった。

+ ネタバレ


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。