長女『イチョウ』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


能力


解説

ファウスティナの乙女の一人で立ち位置は長女。
自分のLP3以上ならAT上昇がおこなわれ、LP1ならLP2削りカードに変わる。
ファルカウで唯一のLP2削りカード。
ファウスティナの乙女の中では一番グッドスタッフであると言える。

他のLP2削りカードと一線を画す点として、序盤でもAT上昇効果により活躍の場があるという点があげられる。
他のLP2削りが初期手札にあれば邪魔なだけのカードになる場合が多い。
その為他のLP2削りは複数枚積みづらいが、イチョウならば複数枚積んでも腐りづらい。

レディ・アマリリス同様、単体でもそこそこ強い点も使いやすい。

ネックとして序盤から後半までAGI2という点はかなり使いづらい。
また同等に、LP1のLP2削り発動までで、実にSP12も消費しなくてはない。
この重さ故、援護をつけるのは困難であるといえる。
最後のSPを8払うタイミングは勝利時なので、イチョウにSPブーストをつけて帳尻を合わせる荒業もある。
ただ半面SPを減らされれば、LP2削りが不発になる可能性もある。其の為、SPには少し余裕を持たせた方がいいだろう。


コンボ

LP1の効果発動で、爆発的にATを上げることができる。しかしイチョウ自身と合わせると消費SP14であり、また先に打点70以上で攻撃されたら負けてしまうのであまり現実的ではない。

AGI2であるため突撃の効果範囲内。AT上昇効果で相性は抜群。消費SP14もかかり多少現実的ではないが、勝利確率は飛躍的に上がる。

一見LV4以上のサポートに付けると意味が無いように思えるがLP1の時には、LV1に変わるために終盤の局面に相性がいい組み合わせである。
また、相手が分解の範囲内ならアタック発動を行わないため延命された場合のファイルアウトの可能性は低くなる。
しかし、消費sp15と重い事が難点である。


関連ファイル



関連カード



収録