太陽王国の突撃兵


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


能力


解説

太陽王国のLV4ユニット。
オープンで自分のSPに応じてHPをパンプアップする。
初期値のSP10でこのカードを出すと、このカードの消費SP分4を差っ引いて100-30-2になり飲み込む巨大蜥蜴などのLV4の高HPユニットと同程度になる。
うまく高GETSPが続いたり、SPブーストを効率的に行えるギミックを積んでいれば高HPが狙える。
SP20を超えるような状況を作り出せば、まず一撃では倒されないだろう。
しかし上がるのはHPだけのうえ、高HPを活かそうと無慈悲な死などを使うおうにも、サポートに使用したSPの分HPが下がるのが難点。
優勢リフェスで勇者の一撃などの軽いAT上昇サポートや、解呪あたりをつけるのが無難か。

耐久目安として、素出しの場合SP11以上で素出し聖光の剣士『ラフィーレ』に勝ち確定、SP19以上でようやく素出し獣化病/ハヌマン聖竜に勝ち確定。
勝ち確定に持っていくにはやたらハードルが高いが、SP3もあれば優勢AT40を1発耐えれると考えると、悪くはない。

修正により勝利エリア発動、敗北エリア発動が付き、HP+20、さらに1SPバックができるようになった。
真教の聖なる騎士と相互互換で、オープン発動でのドローがない代わりに、エリア発動は種族を選ばず発動することができ、
ノーセットでもSPバックの恩恵を受けることができる。
コスト的に見るとLV3ユニットに近く、かなり使いやすくなった。
デスブリンガー・エンジェルに確定勝ちできるという利点がある。


コンボor必殺コンボ

高HPを活かす手段の一つ。
素のステータスだけでもAT100以上は確定なので、相手が鈍足なら強いが、先攻を取られることを考えるとSP15(+コンボ消費分5)以上は欲しいところ。


関連カード

同様に自分のSPを参照してHPを増加するLV1グリモア。


収録

第4弾『聖域の魔獣