魔楽器師


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


能力


解説

HP10AT10AGI1援護をもつLV1ユニット。
リソース面で恩恵を受けるスキルや勝敗エリアスキル等を持っていないため、デコイとしては他のLV1ユニットに劣る。

このカード独自のスキルは、美声の魔歌術士が勝敗エリアにある場合にATを倍にするというもの。
条件を満たせば、自身の援護と美声の魔歌術士の勝敗エリアスキルが加わりHP+10、AT×2+10、AGI+3と驚異的な上がり幅になる。
しかし、役割が被る美声の魔歌術士を一緒に入れる必要があるうえ、事前に美声の魔歌術士を出す必要があるためLP差が稼ぎにくい点などから実際の運用は難しい。
せっかくお膳立てをしても低GETSPだったので勝ちに行く意味が薄い、なんてことはよくある。
玄武の軍師『ラドル』等で直接美声の魔歌術士を置くこともできるが、任意で置けるスキルを持つカードはほとんどAT20であり恩恵が薄い。

このカードを使うならばHP10AT10AGI1援護と相性のいいカードを多く積み、美声の魔歌術士との組み合わせなしでもそこそこ戦えるよう工夫をしておきたい。


コンボor必殺コンボ

美声の魔歌術士とのコンボを決めれば丁度AT50に届くため、AGI6の即死ユニットが出来上がる。
優勢ならば単体でも即死条件を満たせるため、腐りにくい。


関連カード



関連用語



収録

第3弾『神罰の代行者