天馬


能力


解説

天馬に乗る騎士とコンボ用カード。
手札から天馬に乗る騎士のカードを勝利エリアに配置し、自身の能力をHP50、AT40、AGI5へとパンプアップさせる。

先攻を持たないため天馬に乗る騎士を出した場合に若干劣り、聖光の剣士『ラフィーレ』光の弓『フィスターア』にほぼ確定で負ける。
天馬に乗る騎士を出す前に山札から天馬を引いてきてしまったとき用の保険になる。
コンボ前提カードの中では手札事故が起こりにくいほうなのがありがたい。

手札からの2枚消費となるが、勝利時に先攻持ちのユニットを引いてくるため、コストも天馬に乗る騎士を出した場合と大して変わらない。
先攻持ちのユニットに合うサポートを使いまわせるので、この先攻ユニットドローは案外助かる。
天馬に乗る騎士を引いて攻めを継続することもできる。

基本的に相性のいいカードや運用方法は天馬に乗る騎士と同じ。
高速型ユニットの中では高めのステータスが狙える部類なので、点火両手に斧をもつ男などでオールカラーとしての運用も一つの生きる道になるだろう。

2014年、午年を控えての満を持しての修正ということで大いに期待されたが、パンプアップ時にSP+2効果が
追加されただけだった。
2回攻撃くらいはあっても罰は当たるまいに、といた声も聞かれた。


関連カード



関連用語



収録