魔滅者『ヴォル・アグニ』


能力


解説

LV7オープンタイミングにて、対戦プレイヤーの[サポートエリア]のグリモアカードを[墓地]に送るグリモアメタ。
禁止呪文のユニット版とでも思っておけばいい。
強力なグリモアメタ能力と戦闘力を両立しているように思えるが、山札にグリモアカードが必須なうえに重く、サポートなしだと実質LV3~4のユニットにも簡単にやられかねない。
踏み倒しだと肝心のオープンがつけられない、と何とも使いづらいカード。

修正により山札内にグリモアカードが存在せずとも、AT強化は行われる事となった。
ゲーム終盤にグリモアを使い切ってしまった場合、今までは死に札となっていたがある程度構築制限が緩和された。
またアタック発動にてグリモアカードを墓地へ送った場合、SP2のブーストが可能と成りより扱いやすくなった。


グリモアメタを中心に考えた場合、山札にグリモアがあれば聖なる輝き不死鳥を優勢関係なく倒せる。
治癒呪文も戦闘向けのユニットに付けることは稀なので、間違いなく勝てるだろう。
星の怒りも同様。

援護ユニットが対処できない代わりに炎魔人よりも戦闘力は高いが、そもそもあまり戦闘力が求められるポジションではない。
ただ、聖域の騎士『サージス』を倒せる点は評価できる。
また、重さを無視して援護ユニットをつければ、勝てる範囲がかなり広がり、聖竜あたりも対処可能。
付けるならばアタック、カウンターの両面と相性のいいHP援護が妥当だろう。

延命対策にお守りとして1枚入れておくのも悪くないが、流浪の神官『ラステ』などに出てこられたら、炎魔人ともどもご愁傷様。



コンボor必殺コンボ




カード背景



関連ファイル



関連カード



関連用語



収録