死竜王『ザンガディラン』


能力


解説

勝利時と勝利エリア両方で効果を発動する珍しいユニット。

両方とも相手のAT30以下のユニットをファイルから墓地へ送るというもの。
すなわちこのユニットは勝てれば計4枚も山札を削ることができる。
【ファイルアウト】で採用した場合、このユニットで勝利できれば、グッと勝利を引き寄せることができるだろう。
是非とも確実に勝てるタイミングで使用したい。

反面このユニットの弱点はやはり重さ。
もし負けた時、SP繰りの特に重要な【ファイルアウト】において、それは物凄く敗北に近くなる。
敗北エリアのリユース能力があるものの、もう一度このユニットをつかえるほどSPに余裕ができることはほとんどない。
敗北エリアの能力は墓場の使用人『コーネリア』等で敗北エリアにおかれても大丈夫くらいの能力としてとらえたほうがよいかもしれない。

勝利した場合、特定のカードを大量に山札削りできるカードとして他に魔道管理官『バネット』が挙げられる。ファイルや好みでつかいわけよう。

死竜王という名前であるが不死・霊体でも竜族でもなく死者の軍勢/王族である。

コンボor必殺コンボ

あれば。なければ空欄のままで。
解説や弱点など。


カード背景

ラヴァートの世界ではどんな人物or事件or魔法なのか


関連ファイル



関連カード



関連用語



収録

どのパックに入っているか?
カードリストからコピペしてください。
また着せ替えの有無もここに