貫手『ダイアソア』


能力


解説

対戦プレイヤーのサポートエリアにカードがあれば先攻がつき、ATを大幅に上昇させることができるカード。
LV1のカードでもATは70も上昇し、非優勢で90ダメージを与えることができる。
もし相手のサポートエリアにLV9グリモア大竜帝の光があればATは490に達する。

先攻が付くとはいえ、元々の先攻持ちのカードはAGI4以上であるカードが多いため分が悪い。
一方で、援護倍に対してはめっぽう強い。

LV3のHP60援護HP40AT20援護が相手の場合、ATは190にも達する。
援護倍ユニット+HP60援護は一撃で倒すのが困難な組み合わせの代表格なのだが、
HP50以下の援護倍ユニットにHP60援護をつけた場合のHPはちょうど190。
ダイアソアはこれを一撃で倒すことができる。

LV1のHP10AT10AGI1援護が相手でもATは90にはね上がり、しかも白鳥の魔法戦士以外は
先攻を持たないため、先手を取りやすい。
この場合相手のHPはほぼ間違いなく90以下になるため倒しきることができる。
修正前は倒せず、修正で先攻が付くようになったことで倒せるようになった組み合わせである。

援護倍に限らず、修正前は魔歌援護を付けられただけでAGI順ランダム勝負になりやすかったのが、
先攻が付くことで、魔歌援護が相手でも相手が先攻を持たない限り確実に先手をとれるようになったため、
使い勝手が飛躍的に上昇した。
AGIを大幅に下げる掌握の雷相手も、練達の魔術師墓場の使用人『コーネリア』などバーンを行わな
いユニットについているなら怖くない。
ダイアソアのHPは70と、先攻を得ることができるユニットにしては高いのが強みである。

援護倍ユニットとLV1のHP40援護の組み合わせは一撃で倒せず鬼門になる。
また、天駆ける聖女『バルフレイス』が相手の場合、発動順が相手より後で発動する必要があり、
倒せるかどうかはランダムになる。



コンボor必殺コンボ

あれば。なければ空欄のままで。
解説や弱点など。


カード背景

ラヴァートの世界ではどんな人物or事件or魔法なのか


関連ファイル



関連カード



関連用語



収録

第4弾『聖域の魔獣』パック 、第4弾『聖域の魔獣』ボックス