蒼き閃の聖騎士『イベール』


能力


解説

LV4、HP20、AT30、AGI5、先攻というステータスを持つカード。
さらにオープン発動で相手を攻撃不可にする。
福音の歌『ゴスペル』と相互互換で、耐久力が必要ならゴスペル、ATが必要ならイベールという具合に使い分けできる。

相手を攻撃不可にするため、氷の魔術師『ラスアム』などに後攻付与されても先に攻撃を行うことができる。
優勢時なら魔歌援護HP20AT20援護をつけておけば氷の魔術師『ラスアム』に勝つことができる。

攻撃不可プロテクトは重複するため、サポートエリアに魔法衛兵長『レナリー』を置けば2ラウンド間相手の攻撃を防ぐことができる。

AGI5や先攻能力は、忍び寄る魔法剣士を利用する時に生きてくる。
忍び寄る魔法剣士入替を行った場合、打点70、AGI5、先攻というステータスになる。
サポートエリアに魔術の長槍を置けば打点100に到達する。
AGI5、先攻を持つ魔法王国のカードには他に俊足の剣士がいるが、蒼き閃の聖騎士『イベール』の方がATが10高く、
打点70、打点100に届きやすいのが魅力である。




コンボor必殺コンボ

あれば。なければ空欄のままで。
解説や弱点など。


カード背景

ラヴァートの世界ではどんな人物or事件or魔法なのか


関連ファイル



関連カード



関連用語



収録

どのパックに入っているか?
カードリストからコピペしてください。
また着せ替えの有無もここに