【カーバンクル】


解説


それぞれの戦闘能力は控えめだが、非常に高い援護能力を持つ[カードタイプ:カーバンクル]を中心とするビートダウンファイル。【妖精】と一部シナジーがある。
構築や回し方は【援護倍】に似通うところがある。

手札とSPを補充し、高GSP時に優勢神族にカーバンクルの援護をつけて勝ちを拾っていくのが基本的な立ち回りとなる。
そのため序盤は押され気味になるが、中盤以降の爆発力には目を見張るものがある。

カーバンクル自身の能力は低めなので、援護カードとして割り切った構築をすると安定しやすい。
しかしカーバンクル以外のパーツの自由度が高いため構築難易度は決して低くない。
また、主力のカーバンクルはファイルやセメタリーの枚数を参照するスキルを持っているので常にそれぞれのカーバンクルの枚数に気を配る必要がある。

安定したファイル構築力と堅実なプレイングを要求する、中級者以上向けのファイルだと言える。
自分の好みで自由にカスタマイズしよう。

通常の戦闘での勝率は高く、白石のカーバンクル青石のカーバンクルのおかげで地雷ともいえる【ファイルアウト】に滅法強いのが魅力。

援護ファイルなので【SPロック】【ハンデス】に弱い。
また汎用性が高く、様々なファイルに投入されている啓示を受けた者『ラステ』は天敵中の天敵である。


パーツ


主力の援護カードその1。
条件を満たすとHP60AT20というレベル3とは思えない援護カードに化ける。


強力なオープンスキルを持つカーバンクル。
カーバンクルの中でも戦闘能力が高い。


プロテクト持ちのフィニッシャー。


LV2でHP+60、さらにカウンター発動でSP+1と、コストパフォーマンスの高い援護を行うカーバンクル。
援護や低GSP用カードとして活躍できる。


HP+80できるカード。
騎士隊長『リドレーア』EXを採用している場合HP130の壁を突破できる。


種族・神族を問わずにHP+30、AT+30できるカード。
白石のカーバンクルのスキルを発動させるための墓地肥しにも役立つ。


その他採用の可能性のあるカード

https://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=2415
素だしの場合、SP2を追加で支払いAT20強化と共に山札からサポートへ[カードタイプ:カーバンクル]のカードを直接配置可能。
勝利時にサポートエリアのカードを手札に回収出来る為、圧縮・ドロ-加速内蔵ユニットとして見た目以上にコストは軽い。
サポートエリアに配置されたカーバンクルはオープンスキルを発動できないが、ゲーム序盤であれば然程気にしなくて良いだろう。


HP+60以上のサポートをつけることでオールカラーとして使えるユニット。
相手のATを自分のATに加えて攻撃する。


カウンター発動が発動できればオールカラー打点100に達し、ハンデスが狙える。
また、緑石のカーバンクルをサポートに置くことでHP130に到達できる。


HPをATに変換して攻撃する、オールカラーとして使えるユニット。
緑石のカーバンクルをサポートにつければ打点180に達する。
コストが重く、バーンや先攻ユニットに弱いのが難点。


https://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=2951
種族指定ランダムサーチの可能なデコイ。

https://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=606
ファイルに【妖精】ギミックを採用するならば。
容易な条件でLP回復と墓地回収を可能な為、継戦能力を大きく高めてくれる。

https://login.alteil.jp/lhCardDB/detail.php?id=605
ファイルに【妖精】ギミックを採用するならば。
低コストで優勢時100打点AGI4ユニットとなる。
カーバンクルは神族リフェスに偏る為、他の神族でも戦闘可能なユニットを用意しておきたい。



関連