難攻不落『ルーベンス』


能力


解説

自分の勝利敗北エリアにいるユニットを参照してHPを上げるカード。
展開の際には前ターンにHPの高いユニットを使っておきたい。
修正でLv4になり、オープンタイミングでのステータス吸収の際に、発動を防がれる可能性が若干あがってしまった。

さらにATが0に下方修正されたせいで、戦闘に入る前にATを上げないと優勢神族でもAT0のまま闘うことになる。
そのうえ戦闘中にATがあがるのは1ターンにつき+10しかされない。
難攻不落だが相手を落とすのも困難になってしまった。


修正前のテキスト

強力な自己再生能力を持ち、性質上相手が非優勢ならほぼ負けることは無い。
一種の非優勢メタカードである。

また、黒戦士『フランシス』食人の貴婦人『アネット』等の即死スキル持ちは天敵である。

修正により基礎HP/ATが上昇し、戦闘力が底上げされた。
幼き少女の霊EXのようなAT0の特殊アタッカー相手にも勝利可能となり、メタ範囲が拡大された。


コンボor必殺コンボ

火力を底上げすることが出来るので、勝ちを拾いやすくなる。


カード背景

太陽王国近衛騎士団の団長。あらゆる秘密を守ることを生業としている一族の一人。
実妹にメイリーンがおり、彼女の親友であるラフィーレとは仲が悪い。

関連ファイル



関連カード



関連用語



収録