使者『ルージュエーステ』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


能力


解説

オープン発動により手札1枚につき相手HP-20を3回まで発動し、
勝利時発動で手札のゴウエンのカードと山札のゴウエンのカードを入れ替えるユニット。

オープン火力があるため、4人(?)の使者の中では一番火力は高い。
非優勢で80点、優勢で100点と、戦うためのカードではない割には馬鹿にできない火力である。
オープン発動には「相手HP1以上」という条件があるため、低HP(小さくして多なる翼竜など)相手なら途中で止まる。

ただし、このオープン発動には「手札を1枚選んで捨てる」というデメリットが存在する。
普通に50-30-03のユニットにかち合うだけで3枚ハンデスを食らってしまうことになる。
ただし、自身のAT20があるので、援護や勝利・敗北エリアにHP+があっても運ゲーに持ち込めることは割とある。

デコイで出てくる古い城の死霊は天敵で、ハンデス4枚+SP-2+自身消費-4でリソース-10(!)となる。
どの優勢神族でもほぼ確定で勝てるのに天敵とはこれ如何に。
夜歩く者『ルザ』に引っかかるのだが、相手のHPは70なので、正直引っかかってくれた方がうれしいかもしれない。

そしてそのあとに待つのは、やはりリソース的にアドが0の勝利時発動
ただし、ゴウエンのカードにはオールカラーで優秀なユニットや、強力なメタカードオープン火力
そしてなんといっても妖精の踊りがあるので、流れを読んでの交換には割と長けている方だろう。

使用するのであれば、3枚ハンデスの可能性がかなり高いことは覚悟の上で使用すること。
できれば高HPのユニットが出てきづらい序盤の低GETSP時に出していきたいが、前述のとおり古い城には要注意。
あえて墓地を肥やすタイプのデッキ(【魔剣】【奈落の軍団】【不死・霊体】など)に入れる手はあるかもしれないが、
魂の契約と同様、捨てるカードが手札に来ていないと意味がない点は注意。


コンボ

ルージュエーステで枯渇した手札を素早く補充できる。勝利発動の選択肢が補充できる点も○。


カード背景

ゴウエン神が最初に作りだした使者。
戦うことが目的ではなく、ゴウエンの配下にふさわしいモノにマーキングを付けることが仕事。


関連ファイル



関連カード



関連用語



収録

女性キャラカード