【魔法剣士】



ガーファス・エスリア型【魔剣】ファイル。



ガーファスの勝利時スキルを利用した、墓地肥しによる、デスラスタの展開速度を早めようとした魔剣ファイルの1つ。


基本的に、種族:魔剣のカードは磨滅者『ヴォルアグニ』を抜いて、魔獣『オートス』や罰の穴に滅法弱い。
そして、墓地肥しをするまで、火力を出せるユニットが限られている為、序盤のガン攻めにより一方的に押し切られてしまう事もしばしば。

従来の魔剣ファイルと比較した場合、エスリアとガーファスが入ることにより、ガーファスの勝利時スキルにより、LP回復が可能であり、どちらのカードもそれなりの戦闘力を持っているため、序盤の戦闘力が大きく向上している。そして、ガーファスとエスリアはどちらも魔獣『オートス』、罰の穴に強いカードであり、その点が従来の魔剣ファイルの墓地戻しに対する弱点を補っている。

その反面、ガーファスの勝利時スキルで山札からランダムに6枚墓地に落ちるため、魔剣ファイルのキーカードの獄炎『デスラスタ』、ファイルアウト対策のカード等が複数枚墓地に落ちてしまう事もよくあり、ファイルアウト対策のカードも追加で複数枚入れないといけない為、構築が至難になる。


良くも悪くもLP回復や墓地肥しが、ガーファス次第の為、ガーファスをどこで上手く勝たせるかが、使用者の腕の見せどころである。

魔剣とは関係ない、ガーファスやファイルアウト対策のカードを複数枚積むため、魔剣のカードを入れるスペースが限られている。

その為、ガーファスで勝利時スキルを発動できない場合、従来の魔剣ファイルより展開速度に劣り、敗因を追求した場合、ガーファスが関与しているケースが多く見られる。

しかし、一度回りだせば、他の魔剣ファイルの追随を許さない程の展開速度、カードパワーを持っている為、もし高レアのガーファスやエスリア等のパーツを所持している方がいれば、魔剣ファイルの1つとして、一度使ってみるのも〇。


《必須パーツ》

右の盾『ガーファス』、獄炎『デスラスタ』、ファイルアウト対策のカード(ライラ、緊急回復、大竜帝の光、治癒光、レギナ等)

《お勧めパーツ》

覚醒の魔法少女『エスリア』、蛇『アルロイ』、『リヴァーレⅢ』、磨滅者『ヴォルアグニ』、焼き付く空気、妖精の踊り、初代教皇『アベル』、その他魔剣のグッドスタッフ、聖域の守護者『メイリーン』、治療呪文、等の延命カード。







このファイルと言えば、SNSを見ている方でご存じの方もいると思います。
普段からここをよく、参考にさせてもらっているので、私の方からも1つ書かせていただきました。