親衛隊(CPU)


傾向


構成

『ユニット』


『グリモア』



解説

コンピューター対戦アリーナにて、親衛隊(CPU)が使ってくるデッキ。
LHでは唯一のユーザー枠CPUデッキである。

ファイルは非常に偏っており、リフェスユニットが1枚、ゴウエンのカードが2枚しかない(!)。
また、書庫の契約者『バネット』EXでファルカウグリモアを引けるという主張なのか、
グリモアがデッキの半分をしめ、そのうちファルカウグリモアは9枚。
いくらなんでも多すぎである。

魔術師『ドミナ』使役獣『ガンガドール』がセットで積まれているが、CPUの問題で同時に出てくることはかなりまれ。
ガンガドールに返却分解が乗ってきたりすることも。CPUにガンガドールは使いこなせないようだ。
ちなみに、聖なる光も使いこなせないようで、墓地にカードがたまっていなくても打ってくる。
【ファイルアウト】で当たっても気にすることはほぼないだろう。

デッキ内容としてはやや魔術師が目立ち、氷の結晶とのコンボを狙ってくる。
氷の魔術師『ラスアム』が出てこないが、
返却と相性がいいとは言い難く、分解は意味なしなので、このデッキでの採用は厳しいか。

狩人『カサンドラ』はかなり浮き気味。4色のバランスが取れていないこのデッキにはアンチシナジーだと思うのだが・・・
特にリフェスの能力を発動させるのはやや厳しいと思われる(このデッキのリフェスのカードは4枚)。

魔獣王『リヴェイラ』もかなり微妙な選択。
山札10枚以下でなくても出してくるCPUもCPUだが、発動したところで付ける相手はガンガドール。
発動できても130-80-03(相手AGI-1)。弱くはないが、魔獣リヴェイラならもっと上を目指せるはずである。
これでは白髭の大剣士『鋼』どころか、優勢星乃瞬『レイセイ』+HP20AT20援護にすら負けてしまう。

死竜王『ザンガディラン』は2枚積まれている割にほとんど出てこない。
SP8と重く、相性の良いカードがほぼないためだと思われる。

全体的によいカードは多いが、使いこなせていない、という印象。
優勢リフェス中GETSPで出す手が見当たらないのが最大の難点なので、そこをうまく突きたい。

CPUにしては珍しく手札・SPともあるのにノーセットしてくると思っていたら、
原因はグリモア事故(グリモアで手札がすべて埋まっている)だったようだ。残念すぎる・・・

ファイル作成者:親衛隊様

よくやってくる手

低GETSP

デコイは全く意に反す必要が見当たらない。
ドミナとガンガドールがセットで出ることはまれだし、空杖もこのデッキでは氷の結晶以外の殴り能力がほぼない。
調整体『ノゼ』も組み合わせるカードがなく、優勢ファルカウで気に留めておく程度。
バネットEXはなんとほとんど素出しで出てくる。分解返却積めばいいのに・・・

中GETSP

リヴェイラは発動しないうちに出てくることがほとんどなので、気にしなくてよい。
ディストリアもこのデッキではHP・ATともに微妙で、AGI2になってしまう能力を含めて残念なことになりがち。
魔術師コンボはオープン火力にめっぽう弱く、優勢ファルカウでも2R運ゲーに勝って80点。
03-50-30-03に守備力強化で勝ててしまうレベルなので、実はあまり怖くない。

高GETSP

王道と奇襲作戦が混在しているので、注意しておくにこしたことはない。
返却や分解は何故かガンガドールにくっついてきたりすることも。何がしたいんだ・・・


関連

あればそのカード名やファイル名を