最悪の剣士『アフィール』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


能力


解説

ハンデスに特化したユニットカード。
アタック発動によるランダムハンデスと共に、相手の手札が1枚以下であれば即死効果が追加で発動する。
アタック発動はハンデスのほうが先に行われるため実質相手の手札2枚以下の時に即死にすることができる。

また手札にローティアのカードが3枚以上あれば、敗北エリア発動にて相手の手札を覗き見カード1枚を指定ハンデス可能。

情報アドバンテージの確保により、以後の対戦をより有利に進める事が可能となる。


その余りにも強力なスキルの為か、LV4ユニットでありながらステータスはLV3基準ステータスへと抑えられている。

最悪の二つ名に相応しい凶悪なカードである。




コンボor必殺コンボ

即死効果に期待して直接サポートに配置して良し。
手札リセット後の追撃に期待して良しと、コンボのみならずシナジーも優れる。

墓地にローティアのカードが4枚以上と条件はやや厳しいが、即死・ハンデス・SPロックと多彩な効果を発揮するLV1サポートグリモア。
オープンタイミングでのハンデス・アタック発動の即死・手札ローティア依存敗北エリアスキルの発動条件につながる墓地ローティア依存スキル(黒単推奨)と、コンボのみならずシナジーも優れる。

ハンデスとは噛み合わないが、竜皇帝『ジュッズヴァー』踏み倒し【竜族】であれば手札にローティアのカードが欲しい為採用は検討に入る。
覗き見効果を能動的に活用できるだけでも、非常に強力。

カード背景

混沌の美女『アンナローゼ』の子飼であり、殺人兵器『ラ・ボォ』の兄貴分。
愛剣である絶命剣を用い、最悪をもたらす。



関連ファイル



関連カード



関連用語



収録