火山の巨人


能力


解説

素出しすれば山札からゴウエンのカードを敗北エリアに置けるLV4の後出しユニット。
置けた場合相手を[HP-10]・自分を[HP+20,AT+10]する。
敗北エリアによる強化抜きでHP90非優勢打点50と、狩人『カサンドラ』並の戦闘能力を持つ。

敗北エリアに置くカードは炎の巨石兵火の精霊巨大獣などのエリアバーン系カード、
ドロー加速スキルを持つキノコの化身『ソウキ』、GSP操作スキルを持つ根絶巨帝『ベルン』等が有用である。

エリア発動の発動順もオープン発動と同様LV順に処理されるため、火の精霊は発動順が遅いバーンとして重要である。
相手のバトルエリアに殺人兵器『ラ・ボォ』などHP10のユニット、敗北エリアに祝福の神官戦士など
LV2以上のHP援護カードがある場合、LV1の火の精霊を置く事で倒しきることができる。

また相手が高HPであれば森に潜む巨大な身体で勝つことも可能である。
バーンが少々邪魔だが、首長竜供犠された歌『ライラ』祝福など
オープン発動でHP120越えになるカードが増えてきているため、環境的には追い風である。
他に条件は厳しいが巨大な多足の甲殻蟲との入れ替わりなどもできる。

敗北エリア要員以外では、敗北エリア配置スキルを持ち手札に来たコンボパーツを処理できる溶炎鉄人『ボルバロン』
墓地のカードを選択して山札に戻せ、ベルンのサポートとしても強力な魔法王国の調整師等が相性が良い。

  • かつて火山の巨人修正前としてトップファイルの一角を占めていたため一度大きく下方修正されたカード。


コンボor必殺コンボ

GSP0にLV4の火山の巨人を出してもSPが枯渇するのを防ぐことができ、手札に重いカードしかなくてカードが出しにくい状況を減らすことができる。
また、敗北確定時にGSPを減らすことで相手のリソース計算を狂わせることができるのが強力。


カード背景


関連ファイル



関連カード



関連用語



収録