黒竜の騎士『ミリア』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


能力



解説

手札からユニットカードを敗北エリアに置き、それが[竜族/翼竜]であれば[AT+30]・SP+1されるLV4ユニット。

[竜族/翼竜]を置ければ[HP50AT50AGI4]・実質消費SP3と強力なユニットになる。
敗北エリアで働ける[竜族/翼竜]は夜空を飛ぶ飛竜水竜ぐらいだが、特に前者は使いやすく相性が良い。

また竜皇帝『ジュッズヴァー』を踏み倒して召喚できる。
とはいえ手札を2枚消費するため、おいそれと呼べない点には注意。

ともあれ、後出しで、敗北エリアにカードを置ける点は魅力である。
争いの火種『インサイド』EXを呼んで入れ替わったり、黒寄りにして最悪の剣士『アフィール』でピーピングを試みたりと用途は様々。
黒寄りでなくとも、敗北エリア発動を持つカードが多く入るファイルでは採用の余地がある。


コンボor必殺コンボ

ファイル構築に工夫が必要だが、前者は奈落の欠片『ザルグール』を、後者は闇の鏡『エイジズ』後出しで召喚できる。
どちらもHP100以上の相手は苦しいため、森に潜む巨大な身体が手札にあれば、さらに勝率が上がる。


カード背景



関連ファイル



関連カード



関連用語



収録