死竜騎士『ラングバルト』


能力


解説

手札に[カードタイプ:月公国]のカードが3枚以上かつ、サポートにカードが存在しない場合SP1を追加で払い自己強化を行う。

【勝利時/敗北時発動】プレイヤーの[墓地]から[カード名:ラングバルト]を含むカードをランダムで1枚選び[手札]に加える。このカードを[山札]に戻す。


月公国版の呪われた邪悪な鎧人形と言える。
条件は厳しいものの、ステータス合計190点と竜皇帝に匹敵する戦闘力を発揮する。特にHP130が高い。


しかしながらサポートの付けられない後攻持ちでは、戦闘力にやや不安が残る。

自身が[カードタイプ:死者の軍勢]である為、月公国のサポートを受けられない点も考慮しよう。

墓地に死竜騎士『ラングバルト』があれば、呪われた邪悪な鎧人形同様、実質リユースユニットになる。
月聖騎士長『ラングバルト』を墓地に置いてフィニッシャーとして回収するのも良いが、墓地に死竜騎士もある場合どちらを引くかはランダムなので注意。


コンボor必殺コンボ



カード背景

月聖騎士長『ラングバルト』が死後、不浄の主『ユディット』の手によって蘇生・強化された姿。

関連ファイル



関連カード



関連用語




収録

第9弾『混沌の使者