炎の拳


能力



解説

まさかAL1のステータスがそのままつかわれるとは……。
アタック時にSP1を追加で支払うデメリットユニットであり、その分ステータスが高くオールカラーとして働けなくもない。
修正によりアタック時にAT+10し自身のスキルを発動不能とするようになった。
非優勢70打点となり複数回のSP支払いが無くなった為、取り廻しが容易となった。


しかし不遇のAGI2と、HP100未満50以上では珍しい偶数HPなので、デメリットもありコストパフォーマンスは悪い(偶数HPが不遇なのはコラム偶数HPと奇数HPを参照)。

ただLV4以下でこのステータスの高さは珍しい。
高HP高ATを参照するカードと相性が良い(魔獣王『リヴェイラ』等)。
そういう観点では鉄の刃『バズガー』EXが近いカードと言えるし、二天無双『ゲンシン』よりデメリットがマイルドで使いやすい。


コンボor必殺コンボ



カード背景



関連ファイル



関連カード



関連用語



収録