水の柱


能力


解説


オープンでSPを1増やし、お互いのファイルの1番上のカードを勝利エリアに置く。自分の勝利エリアにグリモアが置かれた場合40のダメージを与えるグリモア。
またグリモアでは唯一勝利エリア発動の効果を持っている。
SP消費0で使えるカードなのでサポートにカードを必要とするカードとの相性が良い。
また相手の勝利エリアのカードを入れ替えることが出来るので、やっかいな効果を持つカードを除去する使い方も出来る。ただし新たに強力な勝利エリア効果を持つカードが置かれる場合もあるので注意。

だが、このカードの真価は勝利エリア発動の効果であろう。
ダメージ30に加え2枚ドローは破格。
もっとも他のカードと組み合わせないかぎり、このカードが勝利エリアに配置されることは無いので、専用のギミックを取り入れなければならないが。

代表として人魚族の魔術師『フェティス』が挙がる。
イラストに描かれているのもまたこのカードである。



相性の良いカード

オープンで山札からカードを2枚ドローし、その後手札から好きなカード1枚を勝利エリアに置く事ができる。水の柱を直接勝利エリアに置く事のできる1枚。

オープンで手札のファルカウのカードを勝利エリアに1枚敗北エリアに1枚置く事が出来る。フェティスと同じく水の柱を直接勝利エリアに置く事のできる1枚。

オープンで山札からカードを2枚ドローし、その後手札から好きなカード1枚を山札の1番上に戻す事ができる。
直接水の柱を勝利エリアに置く事は出来ないが、山札を操作することで水の柱の効果を最大限に利用する事ができる。
このカードと水の柱2枚が手札にあれば消費SP2でアタックまでに合計70のダメージと3枚のドローが見込める。

非優勢で打点が80、優勢130となる強力コンボ。
他のグリモアを置いても合計火力は変わらない(エリア発動で水の柱は墓地に送られる為)が、ドロー2枚はおいしい。
水の柱を任意に置けるユニットの中でも高火力な組み合わせ。


関連ファイル



関連カード



収録