今引き

いまびき
用語集

解説

今引きとは、その状況に必要なカードを直前に引き当てること。
たった1枚のカードで逆転する可能性がある、トレーディングカードゲームならではの醍醐味である。
特定のカードを引かないと負けるというような状況で使われる場合が多く、今引きした側の喜びは大きいが、された側としてはたまったものではない。

週刊少年ジャンプのカード漫画『遊☆戯☆王』の主人公・武藤遊戯が、デッキをシャッフルしているのか疑問に思えるほどにその場に応じたカードを引く。このように今引きを連発することを鬼引きと呼ぶ。

  • LHでは一般的ではないが、TCG用語にはトップデッキ(Top-Decking)という言葉がある。意味は「重要な局面で、逆転のために、今この場でもっとも必要なキーカードをデッキの一番上から引く」こと。こちらは今引きよりも重要な局面で使われることが多い。

  • 「運命的な引き」からデスティニードロー(Destiny-Draw)とも。


関連カード&関連用語