【魔法少女】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


解説

[カードタイプ:戦闘用魔法少女]を中心としたギミック。
ハンデス・墓地肥やし・墓地回収・敗北エリア活用・入替・LV変化・手札依存とローティアの特色を示すスキルの多彩さが特徴である。
多種多様なスキルをもっているので状況に合わせて戦える。

様々な軸を持ったファイルタイプだが、優秀な後出し&入替ユニット:指揮官『ヴァイオレット×2』軸が最もポピュラー。

入れる魔法少女もかなり選べるので、ギミックの組み合わせも自由度は高い。
指揮官『ホワイト・リリー』を採用するならば【奈落の軍団】
調整体『ノゼ』/墓場の使用人『コーネリア』/戦闘用魔法少女【支援型】を採用するならば【魔術師】
華麗なる人形遣いコルヴィッツを採用するならば【機兵】
等の補助パーツが採用できる。
もちろん基本的に黒単構成となるので黒単のパーツも無理なく採用できる。

第11弾『因果の最終定理』の発売にて追加された新タイプである<バトルリンク>を生かした4色スタンダート構築が可能となった。


共通

パーツ

墓地回収可能なアタッカー。

HP援護によるバーン耐性の付与と[カードタイプ:戦闘用魔法少女]の指定サーチが魅力。
どの軸とも相性が良い。


オールカラー100打点を見込めるアタッカー群。
ファイルに応じて使い分けよう。

黒単になりがちな魔法少女の青担当



その他採用の可能性のあるカード

魔法少女とつかえば、リソースとして+1に。SPブーストの代わりに入れられる。

ファイルアウトに耐性がつく。


普通に高性能な魔法少女。


先攻高ATを実現可能な魔法少女。神族リフェスである点が高評価。
ただしすべてのスキルを発動させる事を目指す場合、構築難易度が跳ね上がる。純正【魔法少女】を組むならばフィニッシャー候補である。


手札からLV1のグリモアカードを捨てる必要があるものの、スキルが全て発動すればオールカラーで80打点が見込める。
[バーン]を内蔵している点と神族ゴウエンである点が高評価。

HP120あり、アタック発動で手札を増やせるLV8の大型魔法少女
転送対策にもなる。

指揮官『ヴァイオレット×2』からの召喚要員。
敗北エリアのカードを手札に戻すスキルを持ち、指揮官『ヴァイオレット×2』を再利用することができる。

ややコストが重いものの、[カードタイプ:戦闘用魔法少女]は入替との相性が良い為ヴァイオレット×2とは別口の構築が可能。


ヴァイオレット軸


パーツ

主軸。なるべく3積したい。

墓地回収可能なアタッカー。


オールカラー100打点を見込めるアタッカー群。

その他パーツ

HP120とドローブースト。ヴァイオレットの選択の幅が増える。


ソーヴィ軸

白の後出し魔法少女。
指揮官『ヴァイオレット×2』と相性の良いカードは多少違うので注意。

パーツ



ソーヴィで選択するとオールカラー打点70、優勢140。

ソーヴィのサポートにつけることにより、プロテクトを付加させる必勝コンボ。

その他パーツ

HP120。聖光の剣士『ラフィーレ』のラインを撃ち落せる。

アメティスタ軸

なるべくファイル内の戦闘用魔法少女の濃度を増やし、さらに墓地肥しのカードも入れなくてはならない。


リョウ軸



バトルリンク軸

第11弾『因果の最終定理』の発売にて追加された新タイプである<バトルリンク>を生かしたファイル。
4色で戦える。

関連