狂獣『ダンダーン』修正前


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


神族 LV HP AT AGI
ゴウエン 4 70 30 03
カードタイプ1 なし カードタイプ2 格闘家 Illustrator:河崎淳
スキル
【オープン発動】《発動条件:対戦ユニットが[AT20以下]》
対戦プレイヤーの[サポートエリア]のカードを[墓地]に送る。
【オープン/アタック発動】対戦ユニットを[HP-0・10・20・30・40]する。

現在能力


解説

バルカファ修正より前に修正された、壊れカードの1枚。

このユニットの元々の能力は、
「04-50-20-04、オープン・アタックで相手HP-0・-10・-20」
と言う、期待値的には完全劣化夜空を飛ぶ飛竜だったのだが、
2009年12月に行われた修正により、状況が一変し、一気にスターダムにのし上がるカードとなった。

期待値火力は非優勢70、優勢100。
レベル4では破格の攻撃力と、それを支えるHP70の耐久力。優勢50-60-03相手なら止まらない。
相手がAT20以下ならサポートを焼く能力も強力で、星乃瞬『レイセイ』が完全に止まる。
優勢でもHP(70)>AT(60)であるため、闇の鏡『エイジズ』でも止まらず、
やや分は悪いものの、白髭の大剣士『鋼』+HP60援護ですら運ゲーに持っていく(石の牙だとカウンターがあるが)。
狩人『カサンドラ』火山の巨人修正前には負けるものの、前者には軽さと非優勢火力で、後者には汎用性で勝っていた。

非優勢でも使える割にはレベル4とそれほど重くないため、【バーン】はもちろん、どんなデッキでも採用可能。
そのため、採用者が続出し、ダンダーン対策を考えてデッキを作る、と言うイクサーも現れるほどだった。

70-30-03はレベル4の標準ステータスにもかかわらず、
オープン火力に加えてアタックでもバーンダメージ、
さらに限定的とはいえ援護無効化まで付くのだから、そもそも強くて当たり前である。

2010年5月に再修正され、HP70→HP50、相手AT20以下の能力はAT+20AGI+1、
火力部分はHP-10・HP-20・HP-30となった。
前述のレイセイには逆にかもられ、エイジズは焼けないこと確定な上に非優勢でもHP+がないと焼かれることは確定するなど、
敵が大幅に増える修正であった。
(現在はエイジズも修正され、勝利・敗北エリアにHP+がなければ勝ち確定、あってもAGI4同士なので運ゲー)
そのため、今は書いてあることが強そうな割に採用率はぼちぼち、と言うカードとなっている。

一方、このころから猛威をふるっていたバルカファは修正されず、イクサーに不満を残した。


コンボor必殺コンボ




関連ファイル



関連カード



収録

第3弾『神罰の代行者』ボックス 、第3弾『神罰の代行者』パック