殺人兵器『ラ・ボォ』


能力


解説

ステータスは非常に高いが、敗北時にこちらが2ダメージを受けてしまうデメリットユニット
先攻AGI4と破格のAT70を素で持っているため、優勢ローティアでの純粋な殴り合いではまず負けない。

しかしHP10なので、そのままではあっさりとオープン火力で焼かれてしまうため援護が欲しい。
まず組み合わせに浮かぶのは強制再生。AT100に届くので非優勢でも使いどころが出てくる。
ただ水の槍などを使われた場合は運次第になるため、確実とはいえない。
手堅くHP10AT10AGI1援護を付けるのもいいだろう。
弱者の盾もいちおう適用内だが、やや劣る組み合わせになる。

使いどころはやはり「互いにLP1」という状況下にある。
これならばデメリットは気にならないので、強い援護を付けて出せば勝つ見込みは高くなる。
いずれにせよ出番は終盤になりがちなので、複数枚の投入は厳しいか。




カード背景



コンボor必殺コンボ

オープンダメージに耐性をつけ優勢AT200非優勢AT100。合計LV3というコストの軽さが魅力。
プロテクトかオープンダメージを与えながらのグリモアメタや、先攻AGI5以上で対処できる。


関連ファイル



関連カード



関連用語



収録