アタック発動

あたっくはつどう
用語集

解説

自軍ユニットが攻撃する際に発動される効果。
相手がプロテクトでも発動する。攻撃不可なら発動しない。

アタック発動は最大5回発動できるため、時に甚大な影響を及ぼすことがある。
ただし、サポートエリアにあるアタック発動をもったカードは、アタック発動が発動したら墓地へ送られる為、一度しか発動しない。
なお、容赦なき暗殺者のような複数アタック発動を持つカードをサポートで用いた場合は
2つ目のアタック発動が発動しない限り墓地に送られることがないため1つ目のアタック発動を複数回発動することができる。

サポートエリアのアタック発動の効果で相手のHPを0にした場合、サポートエリアのカードは墓地に送られず場に残り続ける。
そのため月大公の漆黒剣士EXのように、ダメージを与えるアタック発動と勝利時発動を持つカードは、
サポートエリアで使用した場合、本来片方しか発動できないこの二つのスキルを両方発動できる可能性がある。



関連カード&関連用語