稀代の魔女『シュメール』


能力


解説

コンボファイル向けのシステムユニット。

自分のサポートエリアにグリモアカードがあれば、手札からユニットカードを1枚選び[墓地]に送る。その場合自分ユニットを[AT+墓地に送ったカード枚数×20]しスキルを2回繰り返す。
援護配置は可能であるが、自身がユニットカードである為スキルは不発する。

自分ユニットが[AT50以上]であれば自分ユニットを[AGI=4]にし、対戦ユニットの[先攻]能力/[後攻]能力を[発動不能]にする。
LV2オープンタイミングで対戦ユニットの[先攻]能力/[後攻]を無効化するが、自身が後攻持ちであったり[後攻]を付与された場合無効化は出来ないので注意が必要である。

自身をバトルエリアへ配置しスキル発動を見込んだ場合、サポートを含め手札4枚を失う事となる為コストが非常に重い。
なるべく自身をサポートへ配置したいが基礎AT50以上のカードと成ると、どれも一癖も二癖もあるパワーカードばかりなのでシュメールをサポートに使う利点が薄い。

また人形操者『トレンテ』の指定サーチカードではあるが、自身にはトレンテ・魔法少女ともシナジーはほぼ無い。
何ともちぐはぐなカードである。


コンボor必殺コンボ

あれば。なければ空欄のままで。
解説や弱点など。


カード背景

ラヴァートの世界ではどんな人物or事件or魔法なのか


関連ファイル



関連カード



関連用語



収録

どのパックに入っているか?
カードリストからコピペしてください。
また着せ替えの有無もここに