奈落の欠片『ザルグール』


能力


解説

混沌の三銃士の一員であり、その正体はバトラの一柱。
強者との対戦を求め、エルガンディの招きに応じラヴァートの大地へ降り立った。

ステータスはLV8/HP100/AT100/AGI3と、竜皇帝さえも凌ぐステータス合計230点・勝利時覗き見・指定山札頂上操作効果持ち(山札頂上操作というよりはダメージドローを実質無くす効果)。
その余りにも強すぎる力のためか弱者との対戦を好まぬ紳士であり、「オープン発動で手札に戻る」カード効果を持ち通常召喚は不可能である。

しかしながら露払いさえ用意しておけば、特殊召喚は可能となる。


特殊召喚を目指す


墓地に神族ローティアのカードが5枚以上と条件は厳しいものの、[カードタイプ:奈落の軍団]/[HP40以上]のカードをランダム召喚可能。

実は、墓地制限があるのは一つ目のカード直置き用の敗北エリア発動だけで、2つ目の入替用敗北エリア発動には墓地制限もHP制限もない。
そのため、敗北エリアにこのカードがある状態で人魚族の魔術師『フェティス』などを用いて勝利エリアにカードを直置きすると、墓地の枚数に関係なくザルグールの召還を狙うことができる。
この性質は歪み触れた神官にも共通している。

スケーニカ修正前は放浪せし者『スケーニカ』と組み合わせ使われていた(【転送スケーニカ】と呼ばれていた)が、現在は人造騎神『グランヴェリオン』聖竜を転送して延命しながらザルグールを待つのが主流。
ギャンブルであり、安定はさせづらい。


高ステータスを流用する


弱体化はしたが、オープン100ダメージ、夜歩く者『ルザ』でも止まらない(レベルが高いスケーニカが先に発動するため)と、相変わらずの高火力である。
オープン100ダメージで焼けないカードは数えるほどしかないため、ほぼ確実にスケーニカのハンデス効果を発動させることができる。

カードタイプが騎士であるためステータスのコピーが可能。
ザルグール特殊召喚後の追撃や人魚族の魔術師『フェティス』と組み合わせたコンボも優秀。


自分のLPが1と厳しい条件ながら、確実にステータスの上乗せが可能。
サポートカードを自由に組み合わせる事が可能なので、戦闘能力は非常に高く弱者の盾との相性も良い。


関連ファイル



関連カード



関連用語



収録

第5弾『戦いの果てに』パック 、第5弾『戦いの果てに』ボックス