太陽王国の剣士長


能力


解説

リフェスのLV5の援護倍かつLV5ピンポイントメタのユニット。

標準ステータスに加え、相手ユニットがLV5以下ならSPバックが発生するので援護なしでもそれなりのコストパフォーマンスは狙える。
リフェスの援護倍として見た場合は祝福の神官騎士『オルフェン』などのライバルが多いが、コストが重い分もっともステータスが高いのでフィニッシャーとしての信頼性はほかのカードより上。
つけるサポートの重さを考慮すれば、コストパフォーマンスがとりたてて劣っているというわけでもない。
「HP+30,AT+10」の援護で打点130未満かつHP120以下のユニットと互角以上に戦えたり、AT30援護で非優勢打点100に届いたりと、基本ステータスの高さを活かせる場面は多々ある。
ただし分解に引っかかる点は、勝負どころで出すユニットとしては小さからぬ短所。

また、相手がLV5だとSPが合計で4も戻るうえATが3倍になるスキルを持つ。
完全に読み切るのは難しいうえリフェスのLV5ユニットは影が薄いのが残念だが、ローティアの夜歩く者『ルザ』やゴウエンの狩人『カサンドラ』、ファルカウの侵魚/正義を司るモノあたりを1点読みしてHP援護などをつけて出すのは悪くない。
オールカラーで出てくる聖域の騎士『サージス』白髭の大剣士『鋼』あたりもかち合う可能性はそこそこある。

オールカラーとしての性能は若干物足りないものの、相性のいい援護ユニットがいくつか入るならば候補に挙がるユニットだろう。



コンボor必殺コンボ



カード背景


関連ファイル



関連カード



関連用語


収録