混沌の使者『エルガンディ』


能力


解説

非常にハイリスクな効果を持つコントロールカード。

自軍の山札が10枚以下であればHP+20/AT+20の強化と共に、自軍の手札・山札を全て墓地へ送る。その後墓地からカードを1枚指定サーチし山札へと戻す。
勝利時に自軍の山札が1枚以下であれば、自身を山札の1番下へ戻し墓地からカード4枚の指定サーチを行い手札へ回収する。
敗北時に自軍の山札からカードを1枚選び墓地へ送り、SP2の増加とバイバックが発動する。

自軍の山札が豊富にあれば、何度でも手軽に使えるデコイとしての役割が期待できる。

その真価は勝利時スキルを発動させた場合だろう。
自軍勝利/敗北エリア配置のカード及びエルガンディを除く、最大28枚のファイル内カードから5枚を完全指定し次ターン使用できる。
墓地は公開情報である為本来であれば情報アドバンテージを失ってしまうのだが、回収対象に分解返却海神の怒り等のメタカードが含まれる場合相手の行動を大きく制限できる。

コントロール性能が高い分、デメリットも大きい。
勝利時スキル発動後の次ターン開始時は自軍山札が1枚の為、山札を補充しない限り敗北時には山札切れでゲームセットとなる。
またエルガンディのオープンスキルを発動させたターンに敗北すれば、自身のスキルにより山札切れでゲームセットである。

アルテイル1のBOSSに相応しく、類を見ない強力なスキルの持ち主である。


コンボor必殺コンボ

あれば。なければ空欄のままで。
解説や弱点など。


カード背景

ラヴァートの世界ではどんな人物or事件or魔法なのか


関連ファイル



関連カード



関連用語



収録

どのパックに入っているか?
カードリストからコピペしてください。
また着せ替えの有無もここに