拳の聖嫁『クラリッサ』


能力


解説

手札から神罰修道女『クラリッサ』EXのカードをコストとして勝利エリアに置く事でスキルを発動できるカード。
自身をLV4、HP60、AT40、AGI4へとパンプアップさせ、さらにアタック発動でATを2倍にする。
ATを2倍にするスキルを持つカードは、素のATが低い高速低HPユニットだったり、LVの高い低速ユニットだったり、発動条件が
相手依存だったりすることが多い(※魔法少女は除く)のだが、拳の聖嫁『クラリッサ』はHP、AT、AGIの3つがどれも高めに
設定されており、コストも3SPと手札指定カード1枚とそこそこである。

サポートで上昇させたATも2倍になるため、非優勢でも120以上の打点がでやすく、オールカラーとして活躍できる。
サポートに置くカードは、軽くて打点140が出せる魔力武器や、先攻能力を付与できる見えない刃
AGIが上昇し打点120が出せる奇襲小さくして多なる翼竜鬼の一言などが候補に挙がる。

このカードはパンプアップが発動した場合、勝利時に相手のユニットを山札に戻す。
そのため、相手の敗北時発動、敗北エリア発動を無力化することができる。
特に相手のバトルエリアのカードが敗北エリアに移動するのを防ぐカードは、鬼の一言の修正以降返却などのバウンス
を行うカード以外にほとんど存在しなくなっているため、貴重である。

また、竜族を山札に戻せば解呪などのエリア除去カードでは対処できない竜乗り『ヴァッサー』のステータス参照を妨害することができるため、
死の踊り子『レレイウ』竜乗り『ヴァッサー』をフィニッシャーに据える【竜族】ファイルに対して相性がよい。

オープン発動でLVが上昇するため、分解には注意が必要。
格闘家といわれても違和感がないイラストだが、カードタイプは神官


コンボor必殺コンボ

あれば。なければ空欄のままで。
解説や弱点など。


カード背景

ラヴァートの世界ではどんな人物or事件or魔法なのか


関連ファイル



関連カード



関連用語



収録

どのパックに入っているか?
カードリストからコピペしてください。
また着せ替えの有無もここに