修羅の母心『カーリ』修正前


能力



解説

戦黒四花で登場した、プレイヤーの山札・手札に王族のカードが 無い ことで、強力な効果を発揮するユニット。
勝利・敗北エリア発動で将軍隊長のカードを1枚ランダムにドローすることもできる。

自身も王族であるため、このカードの能力を最大限に発揮するのであれば、このカードは事実上1枚しか積めない。
しかし、このカードは1枚しか積まないほうが強いユニットなのである。

このユニットをデッキにピン刺ししたときの能力を簡単に言えば、
「5-90-60-2、オープンで相手SP-3、勝っても負けてもエリア除去されない限り将軍か隊長を引ける」
というものである。
レベル7~8クラスのユニットをSP5で出しつつSPロック、さらに次の手につなぐこともできると言う、非常に強力な能力である。
また、元々のATが30であるため、夜歩く者『ルザ』で止まらないのも重要。

【SPロック】左の盾『カファール』EXの修正で弱体化した今では、
「他に王族を採用しない限りドローできればいつでも5-90-60-2で相手SP-3できるカード」という扱いであり、
ほとんどグッドスタッフ的なユニットになっている。
このユニットを生かすのであれば、人魚族の戦闘兵バネ禁小さくして多なる翼竜などを採用し、
ドロー加速圧縮でドローしやすくしたい。

勝利・敗北エリアの将軍か隊長を引く能力についてだが、
聖光の剣士『ラフィーレ』光の弓『フィスターア』ならほとんどのデッキで採用可能なため、グッドスタッフ的な意味で相性がよい。
LP2削りできる奈落の馬騎士『ディカール』や、
★5と手に入れることこそ難しいが、青サポートさえあれば強力なグッドスタッフである魔法衛兵長『レナリー』も面白い。
初心者カードですら獅子男爵『ザガール』がいるので、初心者でも安心して使える。

【神殿騎士】なら騎士隊長『シャーティア』を引ける。
獅子大将軍『ザガール』も面白いが、ほとんどの状況でシャーティアを引いた方がいいだろう。
逆圧縮するデッキなので、カーリ自体やや手札に来づらいのが難点か)
【カーバンクル】なら紅の大将『ルビーイーター』紫の盟主『アメジストモナク』を引ける。
【ファイルアウト】なら武帝『カンユウ』を狙い撃ちすることができる。
黒単は候補が数多く存在する。特に黒の戦乙女『アイギナ』がうれしい。
仮面の悪魔『フォルフェナク』採用型なら迫る恐怖と訪れた絶望も面白い。
【魔法少女】なら地獄の炎『ベルフィーナ』
【月公国】なら近衛兵長『アフェエミナ』月聖騎士長『ラングバルト』も候補か。

とはいえ、勝利エリア・敗北エリアが発動できなくとも十分すぎるほど強いユニット。
一応エリア除去の可能性もあるので(このカードにはあまり打たれないと思うが)、
他に王族を採用しなければ将軍隊長がないファイルでも採用に踏み切ってよいだろう。

この通り強力なユニットであるが、このユニットの能力から、他の王族のユニットはほとんど日の目を見られない事態に陥っている。
LHにピン刺ししてもいいカードは数多くあれど、ピン刺しを「推奨」されるカードはこのカードぐらいなものだろう。

AL1でも1枚からつかえる良カード。SSも強力。
しかしAL2では普通にユニットとして3枚積まれるカードである。
LHでの能力はSPロックだが、AL2での能力はファイルアウト。使う予定があるなら2枚以上引いても売らないように。

バルカファ修正で修正されなかったカードでは、最も修正の声が大きかったカードの1枚だろう。

2012年5月修正

コンボor必殺コンボ

AGI2とやや遅いことが難点であるこのユニットとの相性は抜群。相手のSPも4削ることができる。


カード背景



関連ファイル

など多数


関連カード



関連用語



収録

カードくじ、EXカード『戦黒四花