人魚族



特徴

海神『ヴォンドラーム』が守護する海に住む一族。
基本的には海中で生活しているが、人間になる術により足を得て陸に上がったものもいる。

深遠の策士『ガルディレア』の呪いにより、人魚族の一部は侵魚へと姿を変えられた。


傾向

すべてファルカウのカードであるためドローに長けたものが多く、連続して人魚族を引きやすい。
基本的なステータスは標準レベルで、役割も様々。
火力はやや低めなため決定力に欠ける。


代表的なカード

など


関連カード

手札に人魚族が2枚以上あれば、手札の枚数x10だけHPが増える。
勝利すれば山札の人魚族魔法王国の中から1枚をサーチできる。
ドローに長ける人魚族と相性が良く、AT強化の援護や絶命剣とのコンボを使えば勝利も狙いやすい。

手札に人魚族が3枚以上で4-50-70-3、さらに人魚族を1枚ドロー。
高めの火力を得られるので【人魚】では主力カードとして使っていける。

手札に人魚族が2枚以上あれば、4-100-30-2でオープン20ダメージと高ステータスに。
さらに勝利時に人魚族の魔術師をドロー出来るため、途切れずにセットしていける。

オープンと勝利エリアで人魚族を1枚ドローできて、サポートがある場合はSP+1される。
確実なドローを繋げつつ軽めのデコイとして扱いたい場合に便利。

相手にLV1以下のサポートがある場合、オープンでそれを墓地に送りし人魚族を2枚ドロー出来る。
HP20AT10援護も可能であり、メタカードでありながら比較的軽く出していける。

手札に人魚族が3枚以上あれば、アタック発動で相手を手札に戻せる。
ステータスは2-10-10-1の後攻と、軽いが鈍足で非常に脆いため当てる工夫は必要になるが強力。


HP20AT20援護を持つLV3ユニット。勝利時に人魚族を1枚と山札から1枚、計2枚をドロー出来る。
ファイルに人魚族がこのカードしかない場合、途切れずに手元に置いておける。
【人魚】では通常のドローに近くなるため、使い勝手は少し違う。

HP60援護に加えて、アタック時に1枚ドロー&墓地の人魚族を1枚山札に戻せる。
上記の人魚族の戦闘兵を使い回したい場合などに。



関連ファイル