【ザルグール】


解説

奈落の欠片『ザルグール』の召喚を狙うファイル。
次のターン、騎士を目指す青年につなげるのが定石。

ザルグールで勝利した場合相手の手札を覗き見し、相手のドローを1枚遅らせることができる。
この時、騎士を目指す青年の天敵、例えば夜歩く者『ルザ』朱雀の策士『スナフ』など
がいるかどうかを確認できる。
もしこの時点で騎士を目指す青年の障害になるカードが手札になければ、相手がターン開始時のドロー1枚で
今引きしないかぎりLPを削ることができ、かなり分がよい勝負を挑める。

ザルグールを召還するためには歪んだ女神官を使うことになる。
HP40以上の奈落の軍団はザルグールのみにしておくのがよいだろう。
その場合、放浪せし者『スケーニカ』探求者『デイカー・バズ』はファイルに入れることができなくなる。

通常、歪んだ女神官の敗北エリアスキルでザルグールを呼び出す場合、墓地のローティアのカードを
5枚以上にし、1つ目の敗北エリア発動で勝利エリアに山札のザルグールを配置、2つ目の敗北エリア発動で
ザルグールとバトルエリアのカードを入替える、という2段階の手順を踏むことになる。
このうち、1つ目の敗北エリア発動は、人魚族の魔術師『フェティス』など勝利エリア直置きカードを
使用することでスキップすることができる。
これにより、墓地にローティアのカードが5枚以上必要という条件を回避することができ、墓地肥やしをせずに
ザルグールを召還することができる。
(※この抜け道的な方法は、歪んだ女神官、及び歪み触れた神官のスキル設定ミスである可能性も否定できない)

ファイルの性質上、エリア破壊を積極的に行う相手は分が悪い。
また、星の怒りで手札を流されると非常に困る。


パーツ

ファイルのコンセプトカード。
相手の手札覗き見により、計り知れないほど大きな情報アドを得ることができる。
HP100、AT100というステータスを参照するカードを利用できればより強さが引き立つ。
手札事故要因でもあるため、援護用カードを厳選するなどして上手くファイルが回るよう工夫したい。

HP100、AT100というザルグールのステータスをコピーできるカード。
直置きカードの援護に使ってよし、ザルグールの後に出してもよしなので、ぜひファイルに入れたい。
LV2なので、ユニットとして場に出せばSPアドを稼ぎやすい。
ザルグールを参照できる状態で優勢時にHP+40援護を付ければ、星乃瞬『レイセイ』+AT20援護に確勝することができる。
援護で使う場合、追従する少年『フェリア』雷雲に注意。

ザルグールの召還に必要なカード。
手札にこのカードと、ザルグール、勝利エリア直置きカードの3枚があるなら積極的に場に出し、次のターン
勝利エリア直置きカードを場に出す、という風に使うとよい。
ただし解呪が出てきやすいリフェスのターンに敗北エリアにいる、という状況は避けたい。
何気にオープン発動のハンデススキルも強力。
また、優勢非優勢を問わず秘宝を見つけた発掘者を倒すことができる。

勝利エリア直置きカード。
手札補充ができるのが強力。

勝利エリア直置きカード。
手札補充はできないが、AGI5、先攻が強力。
分解の対象外なのもポイントが高い。

勝利エリアに置く事で手札を2枚補充できるカード。
フェティスとユーニの両方で使うことができる。

敗北エリア直置きカード。
ローティアの割合を多くした時、歪んだ女神官の敗北エリア発動を正当に発動させる場合に役立つ。




その他採用の可能性のあるカード

ザルグールの召還には歪んだ女神官を敗北させる必要があるため、LP1でも歪んだ女神官を場に出せるよう
サポートに置けるLP回復カードを1枚は用意したい。
むやみやたらと入れると事故要因になるため、その辺は調整が必要。



関連