戦闘用魔法少女【対霊型】


能力


解説

自分のSPに応じて自分のLVを変化させ、LVに応じて自身を強化するユニット。
要するに、自分のSPが多いときに強化されると思っておけばいい。
しかし強化条件が厳しめで、オープンタイミングでSPが7以下だと一切強化されず、12以上でようやく最大幅。
最大でHP+20、AT+30上がるので悪くない上がり幅で、SP8でもLV5相当のステータスにはなるのだが、素出しでも最低SP11保持してないと無意味で、援護をつけるなら更にSPが必要というのは扱いにくい。
SPをため込むタイプのファイルならば、安く使える大型ユニットとして居場所があるかも知れない。

援護にも使えるので、死の霧『セリア』などのオープン以降のスキル条件を無理やり満たしたり、憎愛の王『グレバドス』の勝敗エリアで増えるSPを増やしたりといった使い道もある。
しかし、必要SPがかなり掛るうえ、大抵はLV8以上にならないので戦闘力は素出しと変わらない。


また、不死・霊体のスキルを無効化する能力を持っている。
発動がLV3のオープンタイミングのため、上級霊をはじめとしたオープンタイミングでのスキルはほとんど止められないが、古い城の死霊などの厄介なスキルを止められる。
止められる範囲が限定的すぎるため、決まればラッキー、くらいの能力。

ちなみに珍しいリフェス以外の神官戦士だったりする。
多分宗教は違うだろうが、真教の聖なる騎士などのスキルの対象になる。


コンボor必殺コンボ



関連ファイル



関連カード



関連用語


収録

第8弾『魔法王国の滅亡