CVS


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

CVSサーバをたてよう


まずはインストール。
aptitude install cvs

/etc/inetd.conf の設定変更。下記を追加。
/home/cvs/dev はリポジトリパス。
#:CVS: cvs service
cvspserver      stream  tcp     nowait  root    /usr/bin/cvs -f --allow-root=/home/cvs/dev pserver

inetdをリスタート。
/etc/init.d/openbsd-inetd restart

cvsリポジトリ用userを作成。なんか適当に設定は追加する。
useradd cvs

cvsユーザでリポジトリ用ディレクトリを掘る。
su cvs
mkdir -p /home/cvs/dev

cvsリポジトリを生成。
cvs -d /home/cvs/dev init

CVSROOTディレクトリができていることを確認
ls -l /home/cvs/dev
# 結果
# cvs@debian:~$ ls -l /home/cvs/dev/
# 合計 4
# drwxrwxr-x 3 cvs cvs 4096 2011-07-05 23:13 CVSROOT

ユーザを作成。
vi /home/cvs/dev/CVSROOT/passwd
# 以下viで挿入。
########################
# kuwa::cvs
########################
# kuwaユーザをPWなしで生成。内部ではcvsユーザとして扱われる。

これでOK。