install


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Install

環境構築めも。

Install VMWare Player

まずはVMWareを導入する。
以下のサイトよりダウンロード。
http://www.vmware.com/jp/products/desktop_virtualization/player/overview
適当に「同意する」とかでさくっとインストール終了。

Install Debian

まずは以下のサイトよりダウンロード。
http://www.debian.org/CD/netinst/#netinst-stable
ここではi386のtorrentで落とした。
その後、μTorrentを使って、isoファイルをDLしたよ。

torrent
BitTorrent経由で落とすための拡張子。
BitTorrentは、P2Pソフト。あんまりよくないのかなー。
torrentファイルの扱いとして、μTorrent とかいうソフトを使った。
http://www.utorrent.com/intl/ja/returning-visitor

で、vmplayer.exe を起動。

仮想マシンの作成を選択して、先ほど落としたisoファイルを選択。
なんか、特定できません。的なものがでたね。

あとは日本語環境であることを意識しながらさくっとすすめた。
意外と時間かかるね。
あ、HTTPサーバとかはあえて落とさなかった。自分で落としてみたかったので。

Install VmWare Tools

VMへのコピペとか以下のようなことできるらしいので、これも落としておく。
  • グラフィックパフォーマンスの向上
  • ホストOSとゲストOS間でのマウスポインタ移動
  • ホストOSとゲストOSの時刻の同期化
  • ゲストOSとホストOS間のテキストのコピーと貼り付け
  • 共有フォルダ(ホストOSがLinuxでは使用できない)

VM Playerの「仮想マシン」からVmWare Toolsのインストールを決行。
Debian側で、CDがインストールされていることになってるので、そのtar.gzファイルを/home/kuwa/ダウンロードへ展開。
で、あとは端末側で、rootになって、展開先へ行く。
su root
で、installer.pl を実施。
./install.pl
gccとkernelの場所が求められたが、なにを入れてもinvalidになるので、changeしたい?の答えをnoにした。


Note

  • Javaは1.5
  • perlは5.10
  • php,rubyはなし。