設置・整備

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

総合操作盤
  • 設置制約対象
    • 高層建築物
    • 大規模建築物
    • 他防火対象物

  • 規制対規模
    • 防火対象物
      • 50000[2]以上の延床面積
      • 地階を除き15F以上/30000[2]以上の延床面積
    • 地下街
      • 1000[2]以上の延床面積
    • 消防機関指定の防火対象物
      • 指定権者
        • 消防長
        • 消防署長
      • 用途
        • 特定用途防火対象物
          • 地階を除き5F以上/20000[2]以上の延床面積
        • 防火対象物
          • 地階を除き11F以上/10000[2]以上の延床面積
          • 500[2]以上の地階床面積
    • 例外
      下記の防火対象物
      • 重要文化財等
      • 50[m]以上のアーケード
      • 山林
      • 総務省規定の舟車

  • 運用/配置における制約
    • 監視/操作における制約
      • 常駐者の配置
      • 総合操作盤の配置
    • 監視方法おける分類
      • 防災監視所
        • 防災センター
        • 中央管理室
        • 守衛室
      • 副防災監視所
        複数防災監視所の点在における下記の充足を伴う部位
        • 用途/管理区分が同一
        • 総合操作盤の配置部位
        • 一定時間の常駐者
      • 監視場所
        • 監視対象の防火対象物に対し敷地内に併設
      • 遠隔監視場所
        • 監視対象の防火対象物に対し敷地外に併設

  • 監視/制御対象
    • 1類
      • 屋内消火栓
      • 屋外消火栓
      • スプリンクラー設備
      • 水噴霧消火設備
    • 2類
      • 泡消火設備
    • 3類
      • 不活性消火設備
      • ハロゲン化物消火設備
      • 粉末消火設備
    • 4類
      • 自動火災報知設備
      • ガス漏れ火災警報設備
      • 非常警報設備
    • 他消防用設備
      • 連結送水管
      • 連結散水設備
      • 誘導灯
      • 排煙設備
      • 非常コンセント設備
      • 無線通信補助設備