工具の味


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

工具って使えば使うほど味が出てきます。

熟練の職人さんは何十年と同じ道具をつかっていると

よく聞きます。刃がほとんどなくなっていてもう使えない

ぐらいまで使い込みます。研いでまた研いで

いい道具は長持ちしますから一生物かもしれません。

販売者としてそのことを十分りかいして送り出す覚悟が必要でしょう。

工具職人もこれまた職人で一品ごと丁寧に作りこむ作業は

一丁一石には行きません。もう全国にもあまりいないと思いますが

そんな人はとっても貴重ですね。

 

 

 

 

 

 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|