※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


戦闘・敏捷系《クロスアタック(十字攻撃)》



形式: 〔アタックアクション〕(利き腕と逆腕のものを1つずつ消費)
前提スキル: 《デュアルウィールド》
上限スキルLv: (敏捷系÷5)
最大スキルLv: 2Lv
派生スキル: 無し

<解説>
  • 左右から同時に二刀による攻撃を行う高度な戦闘技術。以下に《クロスアタック》の手順を説明する。

 ①利き腕と逆腕の〔アタックアクション〕を1回ずつ消費して《クロスアタック》を宣言する。
 ②CH率に+2のボーナス、HLに-4のペナルティを受けて、2回分の命中判定を1回のダイス判定のみで処理する。
 ③《フェイント》等の1回の攻撃にしかボーナスを加えることができないものも、《クロスアタック》の左右同時攻撃の場合は、両手共にボーナスを得ることができる。例外として《チャージ》の初撃ボーナスはどちらか一方のみとなる。
 ④《クロスアタック》を受ける側はERによるダメージ減少を1回分しか適用できず、さらに〔ディフェンスアクション〕の判定に-4のペナルティを受ける。加えて、防御側は2回の攻撃それぞれに〔ディフェンスアクション〕を消費しなくてはならない。
 ⑤《クロスアタック》を行うと【疲労】が+2Lvされる。

  • スキルLvが2になると、HLのペナルティが-2に緩和され、相手の〔ディフェンスアクション〕判定へのペナルティが-6に増加する。

 ※1回の攻撃判定で2回攻撃が行えるスキルであるため、《フェイント》からの連続攻撃だけでなく、《サポートアタック》や呪歌などのダイスコントロール能力と併用すると非常に効果的なスキルである。
  命中率の低さと【疲労】を伴うことが弱点ではあるが、CH率の上昇と敵の〔ディフェンスアクション〕を大きく阻害するため、[加護]を併用するなどしてここぞという場面での決め技として用いたい。