※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


魔法・信仰系《パラディン(聖戦士)》



形式: 割り込み
前提スキル: 《ハロー》《ディフィートイービル》
上限スキルLv: (信仰系÷10)Lv
最大スキルLv: 1Lv
派生スキル: 無し

<解説>
  • 聖なる守護者として仲間を導き、その存在の影響力でパーティ全体の抵抗力を強化するスキル。
 ・「ブレス」、「ダメージ魔法」、「ステータス異常を引き起こす魔法」、「広域トラップ」など種類を問わず、レジスト可能な範囲攻撃を受けた際に使用できる。
  使用の手順は、以下の通りである。

 ①範囲攻撃を受けた際、最初に《パラディン》の使用を宣言して、[加護]チェックを行う。
  この[加護]チェックに失敗した場合、《パラディン》の効果は得られず、続くパーティーメンバーは通常通りのレジストを行う。
 ②[加護]チェックに成功した場合は続いて、《パラディン》の使用者が、自らのレジスト判定を行う。
  このレジスト判定に失敗した場合、《パラディン》の効果は得られず、続くパーティーメンバーは通常通りレジストを行う。
 ③使用者が[加護]チェックとレジスト判定の両方に成功すると、続くパーティーメンバーはレジスト判定の成功段階が1段階上昇する。
  自動的に「失敗>成功」に、「成功>クリティカル成功」として扱われるのである。
  なお、「ファンブル>通常の失敗」に、「クリティカル成功>ダメージ減算の手順を2回行う」となる。

 ※このスキルによってスキル所持者自身のレジスト成功段階が上がるわけではないので注意すること。あくまでも仲間を窮地から救う守護者の奇跡を体現したスキルなのである。