※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

超能力者呪文2Lv<カノルドゥ(念話)>(KANORDU)


形式: ①常時(2時間) ②常時
属性: 「心」
射程距離: 0m
効果範囲: 本人
レジスト: 「心」、SS不可、IRとPRの低い方
LP:
前提呪文: 2Lv<カルディア(第六感)>
派生呪文: 3Lv<ノバイス(読心)>
カウンター呪文: 無し

<呪文の解説>
  • 思念による意思疎通能力、いわゆるテレパシーを用いることができる。2種の使用方法がある。

①思念での会話(テレパシー)の能力を与えてくれる呪文。

 ・魔術師呪文の<ノルドゥ>のように言語が通じない相手であっても思念による会話することができる。
  ただし、精神を持たない存在には効果が無い。
  対象が会話を望まない場合は、レジスト判定を行うことができる。

 ・1体の対象と精神をリンクさせて、離れた状態であってもテレパシーを持続させることができる。 

 ・呪文がクリティカルすると、MPを消費することなく呪文の効果が発揮される。

②対象の思念を読みとり、性格、属性を見抜く呪文。

 ・僧侶呪文の<カカル>と同じく対象の性格と属性を見抜くことができるが、対象はレジストが可能となっている。
  レジストに成功した場合、対象は<カノルドゥ>を唱えてきた術者の所在位置をおおまかに知ることができる。

 ・呪文がクリティカルすると、MPを消費することなく呪文の効果が発揮される。加えて、その対象のパーソナリティまで知ることができる。

<増幅詠唱>
 ・この呪文は増幅詠唱することができない。

<短縮詠唱>
 ・この呪文は短縮詠唱することができない。


<めもめも>
 ・いそいで仕上げ(つ∀-) したので、ちょっとミスがありそう。