※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

錬金術師呪文3Lv<マデスト(解錠)>(MADESTO)


形式: 常時
属性: 「魔」
射程距離: 10m
効果範囲: ①1つの扉、または1つの鍵。 ②視界内の全ての扉や鍵
レジスト: 無し
LP:
前提呪文: 1Lv<デスト(解錠)>
派生呪文: 7Lv<カルノバ(解放)>
カウンター呪文: 無し

<呪文の解説>
  • 強力な魔法の鍵をかける<デスト>の上位呪文。

 ①扉や箱などに強力な魔法の鍵をかけることができる。

  ・<マデスト>の呪文によって鍵がかかった扉は通常の手段盗では開くことができない。しかも持続時間は「永久」である。以下に<マデスト>の扉を通り抜ける手段を記す。

   ・<マデスト>を唱える。この場合、術者以下のレベルの者が唱えた魔法の鍵の効果は必ず打ち消すことができる。
    術者よりレベルの高い者が唱えた<マデスト>の効果を打ち消す場合、レベル差1に付き20%失敗する確率がある。5Lv以上高い術者の<マデスト>を打ち消すことはできない。

   ・扉そのものを破壊する。ただし、<マデスト>は鍵をかけると同時に扉の素材も魔法強化する。
    通常の扉と比べてマデストの鍵のかかった扉はACに-10、「土金」ERに+5、HPに+100のボーナスを得る。

   ・他の呪文で<マデスト>の効力を打ち消す。ただし、<コルフィス>、<パリオス>は永続的な呪文の効果を打ち消すことはできないため、効果が無い。

   ・扉に設定されたパスワード(魔法の合言葉)を唱える。これは術者が扉を通り抜けるためにパスワードを設定している場合のみ存在する。
    永続的に封印することが目的の場合はパスワードが存在しないこともある。なお、パスワードにより通過する場合は扉の魔力は失われることはない。

 ②視界内の複数の扉や鍵に同時に<デスト>(マデストではなく)の効果。

  ・呪文がクリティカルすると、MPを消費することなく呪文の効果が発揮される。