※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドルイド呪文3Lv<プラグレフ(樹木の壁)>(PLAGREF)


形式: ①常時 ②常時(6時間)
属性: 「木」
射程距離: ①20m ②10m
効果範囲: ①長さ20mの壁 ②1体
レジスト: 無し
LP:
前提呪文: 2Lv<プラクス(拘束の蔦)>
派生呪文: 4Lv<マプラクス(戒めの蔦)>
カウンター呪文:


<呪文の解説>
  • 樹木を自在に出現させて操作する呪文。2種類の使用方法がある。

 ①望む場所に高さ5メートルの樹木の壁をたてる呪文。
 ・樹木の壁は通過不能であり、視界をほぼ完全に遮る。そのため、壁の向こう側に攻撃、呪文等を行うことはできない。
 ・樹木の壁は合計60+Lv点のダメージを受けると崩れさる。直接攻撃を行う場合、壁のACは4として扱う。また、炎の攻撃は樹木の壁に2倍のダメージを与える。
  ただし、樹木の壁は〔回復フェイズ〕に術者Lv分だけ、ダメージを回復する。呪文の効果時間は6時間である。
 ・屋外でこの呪文が使用された場合、環境に応じて以下のボーナスが加わる。
  ・樹木が普通に見られる野外では、壁のHPに+30、ACが3に、〔回復フェイズ〕のHP回復量が術者Lv×1.5に上昇。
  ・樹木が密生した森林などでは、、壁のHPに+60、ACが2に、〔回復フェイズ〕のHP回復量が術者Lv×2に上昇。
 ・呪文がクリティカルすると、壁の耐久度が90+Lv点になる。

 ②対象の皮膚が、樹皮のように硬くなる呪文。
 ・ACに-1、最大HPに+(対象のLv+5)のボーナス。
 ・持続時間は6時間。
 ・呪文がクリティカルすると、MPを消費することなく呪文の効果が発揮される。



<めもめも>
 ・壁系呪文の使用方法は後ほど別項目で詳しく。
 ・基本は「0.5m」「1.5m」という風に、1mと2mの位置の間の境界線にしか設置できない。
  あくまで移動を妨げる壁の呪文なので、敵のいる場所に重ねて唱えたり、その場所に留まった相手に継続ダメージを与えないためのルールである。
 ・1Lv<プラピック>の呪文を削除して、3Lv呪文として強化して<プラグレフ>の別用法として追加。
  ある意味、アルケミスト呪文の<ディオスロ>に対応するドルイド呪文。