※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


戦闘・東方系《ミキリ(見切り)》



形式: 割り込み or 〔ディフェンスアクション〕
前提スキル: 《キコウ》
上限スキルLv: (東方系÷8)+1Lv
最大スキルLv: 3Lv
派生スキル: 《ミキリ》>《シンガン》

<解説>
  • 間合いを読み、敵の動作を察知することで攻撃の瞬間を見切り、紙一重で回避する技術。HLを用いて命中判定を行う物理攻撃に対して有効。
 ・〔ディフェンスアクション〕もしくは【疲労】Lvのコストを支払うことで可能な防御行動。
 ・スキルLvが2になると、コストを消費せずに1R中に《ミキリ》を1回使用可能に。スキルLvが3になると、2回使用可能になる。

<《ミキリ》の手順>
 ①敵の攻撃が命中してダメージを受けた際に、《ミキリ》の使用を宣言する。
 ②(攻撃側のキャラクターLv)をペナルティ修正としてIRとPRのダブルチェックを行う。
  この際、《ミキリ》判定の成功度を計算すること。
   ・判定失敗=+0(ファンブルの出目もただの失敗でよい)
   ・判定成功=+1
   ・クリティカル成功=+2
 ③IRとPRの成功度を合計して、+2になると《ミキリ》は完全成功となり、攻撃を完全に回避することができる。
  成功度の合計が+1の場合は《ミキリ》は部分成功となり、ダメージを半減することができる。
  成功度の合計が+0の場合は《ミキリ》は失敗となり、ダメージをそのまま受ける。
  ※敵の攻撃と成功度の詳しい関係図は、下の表を参考にすること。
 ④《ミキリ》を使用すると、【疲労】Lvが+2{(同一ラウンドに《ミキリ》を使用した回数)+1)}される。
  (つまり、初期【疲労】コストは2で、同一ラウンドに複数回の《ミキリ》を使用すると【疲労】Lvが+2ずつ増加する。)
  もしくは、〔ディフェンスアクション〕を消費することでも《ミキリ》を使用することができる。この場合は【疲労】Lvの増加は発生しない。

《ミキリ》におけるクリティカルヒットの扱いは、以下のようになる。

 攻撃側命中vs防御側成功度±0=通常ダメージを受ける。 
   〃  vs防御側成功度+1=部分成功、ダメージを半減することができる。
   〃  vs防御側成功度+2=完全成功、攻撃を完全に回避することができる。
   〃  vs防御側成功度+3=クリティカル成功、攻撃を完全に回避した上で自動で反撃が成功する。
   〃  vs防御側成功度+4=Wクリティカル成功、攻撃を完全に回避した上で自動で反撃が成功する。しかもクリティカルヒット扱いとなる。

 攻撃側CHvs防御側成功度±0=クリティカルヒットのダメージを受ける。 
   〃  vs防御側成功度+1=部分成功、クリティカルヒットを通常ダメージに軽減することができる。
   〃  vs防御側成功度+2=完全成功、ダメージを半減することができる。
   〃  vs防御側成功度+3=クリティカル成功、攻撃を完全に回避することができる。
   〃  vs防御側成功度+4=Wクリティカル成功、攻撃を完全に回避した上で自動で反撃が成功する。

※CHはクリティカルヒットの略。なお、相手の攻撃がWクリティカルだった場合は、表を1つ下にずらして対応すること。 


<めもめも>
 ・《ミキリ》を完全リニューアルしました。IRとPRをベースとする〔割り込み〕防御スキルです。
  ・判定などの扱いは防御アクションなのですが、使用する際のリソースがDA回数ではなく、【疲労】Lvの増加になっています。
   【疲労】Lvの上昇は+2で、同一ラウンドに複数回使用すると+2ずつ増加していきます。この累積ペナルティは〔終了フェイズ〕にリセットされます。
  ・なお、当初はIRとPRWチェックで両方成功=完全回避、片方成功=ダメージ半減というシンプルなものだったのですが・・・
   クリティカル時に発生するカウンターの解説を書こうとしたら、収拾がつかなくなったので今の形に..。。(ノ>_<)ノ