※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


戦闘・巧手系《アローレイン(矢の雨)》



形式: 〔アタックオプション〕(〔アタックアクション〕を2つ消費)
前提スキル: 《サポートショット》+敏捷系《オーバードライブ》
上限スキルLv: (巧手系+敏捷系)÷12Lv
最大スキルLv: 2Lv
派生スキル: 無し

<解説>
  • まるで降り注ぐ雨のように、広範囲の敵に対して射撃攻撃を行う技術。
 ・《アローレイン》は〔アタックアクション〕を2回消費することにより、一定の範囲内の敵に1回ずつ攻撃を行うことができる〔アタックオプション〕である。
  この「一定の範囲内の敵」とは最大で((3+《マルチターゲット》Lv)×《アローレイン》Lv)m以内である。
  ただし、射撃武器の射程距離を超えた範囲を選択することはできない。どのくらいの範囲まで攻撃を行うかは、攻撃時に宣言すること。
例:MA10で3回攻撃が可能な者なら、2回分の攻撃回数を《アローレイン》に用いると宣言すれば、範囲内の敵に対して1回ずつ攻撃を行うことが可能となる。
 ・攻撃判定はそれぞれの目標に対して行うこと。途中でファンブルが発生して、その結果として続く攻撃が不可能となった場合でも、一連の攻撃を最後まで処理してよい。
 ・通常攻撃や《パリィ》との組み合わせも自由で、先ほどの例だと、残りの1回分の攻撃を生き残った相手にさらに攻撃を行うか、あるいは《パリィ》に回して防御を固めるか、自由に選択できるわけである。
 ・《アローレイン》の範囲内に味方がいる場合、《マルチターゲット》Lvに等しい数までの対象を任意で攻撃目標から外すことが可能である。味方が範囲内に居る場合はあらかじめ攻撃目標から外すことを宣言しておくとよい。
 ・《アローレイン》は肉体に激しく負荷をかけるため、1回用いる事に【疲労】Lvが+4される。
 ・スキルが2Lvになると、【疲労】Lvの増加が「+4」から「+2」に半減される。


<めもめも>
 ・遠隔用の《ワールウインド》です。中身はほぼ同じなのですが、イメージの都合上、巧手系になりました。
 ・《ワールウインド》と大きく違う点は、範囲内の味方を目標から外すために《マルチターゲット》が必要であること。
  攻撃の途中で手痛いファンブルが発生しても、基本的に同時攻撃であるため、最後まで攻撃の処理を行うことができることです。