※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『ブレイク』


年齢:??歳
性別:男性
種族:ドワーフ
性格:中立-確かな技術
職業:戦士
外見の特徴:黒づくめの服装。編みこまれた豊かな口髭。
文字色:DinGray

<武具屋「黒き鋼」の基本設定>

 かつて傭兵として名をはせたドワーフのハイランダー「漆黒のブレイク」が経営する武具屋。一面に飾られた武具は大半が黒を貴重とした色でまとめられており、店名とその通り名に恥じないものとなっている。無論、その品質は保証付きで、非常に気に入った者には武術も指導してくれるという。
 又、エクシアードのラルオファース神殿騎士団長イズルードとチームを組んでエージェントとして活躍していた時期があり、その頃に収集した魔法の武具を今でもかなり保持しており、掘り出し物として売り出していることがあるので、ちょくちょく店を訪れてみるといいだろう。

<店のイメージ>

 黒を基調とした造りの店にはいると、これまた黒い服を着た壮年のドワーフがカウンターの向こうで武具の手入れをしている。おそらく、彼が店主の「漆黒のブレイク」なのであろう。店内も黒いイメージでまとまっており、店の名前に偽り無しと言ったところであろうか。客が来たことに気付くとブレイクは手入れしていた武具をひとまず置いて、こちらに声をかけてくる。

「おう・・・いらっしゃい。なにか必要なものはあるかの?うちの品物はどれも良い品ばかりじゃ、じっくり見ていっとくれ。」

 確かに・・・そこかしこにおいてある武具はどれも間違いない品質のものであり、壁にかけられているいくつかの武具は、素人目にも一目で魔法の武具であることがわかる。魔法の武具について、君が訪ねると・・・

「今のところ・・・売りに出している魔法の武具は以下のとおりじゃの。欲しい武具があったら、遠慮無く声をかけてくれい。
 他にも探している武具とかがあれば言ってくれるかの?地下の倉庫にしまってあるのをちょいと探してくるわい。
 おっと・・・そうだ、お前さん達の冒険の話を聞かせてくれれば、その内容次第では安くしてやらんこともないぞ。
 わしは、現役を引退した身じゃが・・・若い者の冒険の話を聞いておると、昔を思い出して・・・血湧き肉躍るからの」

 髭を揺らしながら笑うドワーフを横目に、君は魔法の武具の品定めを始めた。