※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔術師呪文3Lv<ダルグレフ(吹雪の壁)>(DALGREF)


形式: ダメージ(壁系)
属性: 「氷」
射程距離: 20m
効果範囲: 長さ10mの壁
レジスト: 「氷」、SS半減、IR-6
LP:
前提呪文: 2Lv<フィスグレフ(壁消去)>、2Lv<ハダルニ(氷飛礫)>
派生呪文: 5Lv<マダルグレフ(氷結の壁)>
カウンター呪文:
 相殺:<リグレフ(炎の壁)>


<呪文の解説>
  • 望む場所に高さ4メートルの吹雪の壁をたてる呪文。
 ・そばにいても影響はないが、通過すると7d6+Lvのダメージを受ける。
  加えて、レジストに失敗したキャラクターはSR+0の判定を行い、これに失敗すると【凍結】1Lv状態になる。
 ・壁の向こう側に接近戦攻撃(射程S、M、Lの武器)を行ってもダメージを受ける。
 ・壁を通しての射撃、呪文は、視界が遮られるためにHL、CLに-2のペナルティを受ける。
 ・吹雪の壁は戦闘が終わるか、術者が望むと消え去る。これらは、壁系呪文に共通することである。
 ・呪文がクリティカルすると、【凍結】チェックがSR-4となり、さらに【凍結】の効果がが3Lvへと強化される。

 ・又、ダメージ呪文とは異なる使用方法として、厚い氷の壁を作ることができる。この壁は通過不能で、視界をほぼ完全に遮るため、壁の向こうを攻撃することはできない。
 ・氷の壁は合計80+Lv点のダメージを被ると破壊される。直接攻撃で破壊する場合、壁のACは2として扱う。
  炎の攻撃によるダメージは通常の倍のダメージを与える。ただし、一部のダメージ呪文(氷:ダルト系、死:バディオス系、毒:カニクア等)は氷の壁にダメージを与えることができない。
  氷の壁は戦闘が終わると、毎ラウンド5点の割合で自動的にダメージを受けて消え去る。
 ・呪文がクリティカルすると、壁の耐久度が120+Lv点になる。


<めもめも>
 ・壁系呪文の使用方法は後ほど別項目で詳しく。
 ・基本は「0.5m」「1.5m」という風に、1mと2mの位置の間の境界線にしか設置できない。
  あくまで移動を妨げる壁の呪文なので、敵のいる場所に重ねて唱えたり、その場所に留まった相手に継続ダメージを与えないためのルールである。
 ・壁の長さは地理的に迂回可能な場合、迂回するために必要な移動距離を表す(予定)。