※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【瀕死】(DYING)



<説明>
 ・HPが0以下になった状態。その場に倒れこみ、一切の行動ができない。

<属性>
 ・「無」属性。

<影響>
 ①生死の境を彷徨う。
  ・【瀕死】状態になったキャラクターは、10分ごとにVR判定を行い、失敗すると【死亡】状態になる。その際、「(HPのマイナスの値)÷(経験レベル+1)」だけ、死亡判定にペナルティを受ける。

 ②転倒、行動不能等によるペナルティ。
  ・一切の行動が不可。
   ※GMが許可するのならば、断続的なつぶやき程度の会話は可能としてもよい。
  ・敵の物理攻撃(白兵戦、射撃)のダメージが2倍になる。
  ・〔パッシブアクション〕〔ディフェンスアクション〕が使用不可。
  ・ACに+8のペナルティ。
  ・SR、IR、PR、ARに-8のペナルティ。

<緩和・回復手段>
 ・HP回復呪文で、マイナス分のHPを回復すれば、回復できる。ただし、マイナス分のHPは回復するのに5倍の回復量が必要となる。<マディ>や<カディオス>を用いた場合は、即座にHPが1まで回復する。ただし、この方法で【瀕死】から回復させた直後は【4Lv疲労困憊】状態であり、活動にはしばらくの休息を必要とする。
 ・<ディ>、<カドルト>の呪文で回復できる。<ディ>を用いた場合はHP1で、<カドルト>を用いた場合はHP全快。


}